自分で排水管の水漏れが直せるかの基準

排水管からの水漏れは、自分で直そうと考える人は少なくありません。部品や道具があれば、直してしまえるほうが早いこともあります。ですが、どんな場合でも治すことができるわけではありません。自分で出来ることの限界もあることを知れば、一体どんな場合に対応できるのか、対応できない基準は何かを決めておく必要があるでしょう。

■水の勢いが強いときは依頼する

見極められるポイントはいくつかあります。排水管という特性から考えておけば、どんな状況で手を出すことができるかもわかるでしょう。基本として、安全を確保するというところからも、明らかに水漏れの勢いが強い場合には手を出さないことが重要です。こうした状況は専門業者に依頼するほうが安全でしょう。
漏れている箇所に関して、部品やパーツが必要になってくることがあります。交換しなければいけなくても、一体どんな部品なのかわからない場合や、手に入れることができないのであれば、水道 修理の専門業者に依頼するべきです。代用で補うのはリスクが大きく、再度トラブルが発生する確率も高くなります。

■判別できないとき

水漏れの箇所がすぐに判別できるようであれば、心配は少なくなりますし、対応も考えていくことができるでしょう。ところが、はっきりわからない場合も出てきます。床下から水がにじんでいるような状況は、判断が難しくなってしまいます。
こうした状況は、素人では判断が難しくなってしまいます。専門業者であれば予測もつきますし、部品も持っているため修理もできるでしょう。原因がわからないときも同様ですが、こうした状況かは危険も伴いますので、素人判断でおこなわないことが大切です。

■まとめ
修理の基本としては、直せる自信がない時には業者へ依頼したほうが良いということになります。あとから後悔しても遅くなりますし、なによりも危険もあることを理解しておく必要があります。無理をしてもデメリットが大きくなるのですから、安全にできる方法を考えていくべきでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ