排水管の水漏れと火災保険

水漏れを起こすというのは、大きな損害を出してしまうことになります。一般家庭だけではなく、店舗などでも起きる可能性はあるでしょう。
この場合には、かなり大きな被害を叩きだすことも出てきます。早期に対策をしていかなければ、手間やコストはさらに増大してしまうことになるでしょう。

■水漏れはどこから起きているのか

水漏れが起きているときには、まずは排水管か給水管かを確認していかなければいけません。給水管の場合には、水道メーターが動きます。排水管の場合には、常に圧力がかかっているわけではないため、不規則な漏れ方をするのも特徴でしょう。これだけでもどこに問題があって水漏れを起こしているのかを区別することができます。
一般の家庭でも、他に水を使っているものがなければ、これだけで判別することができます。水道 工事の手配をするにしても、まずは判別するところからになるため、大事な手順といえます。

■火災保険で補償されるケース

店舗の場合には、漏水事故は火災保険で補償されることがあります。ただし、すべての火災保険でカバーされるわけではなく、特約として組まれているかどうかを確認しておかなければいけません。
当事者の力の及ばない不測の事態といったことに限定はされてくるため、経年劣化のようなことで水漏れを起こした場合には、対象とならないことも出てきます。それでも保証される可能性があるのは、大きなポイントになってくるでしょう。


■まとめ
水漏れは致命的な状態になってしまうことも出てきます。店舗の場合には、近隣にも影響を与えてしまうことさえあります。業者に依頼するとしても、保険が対応できるかどうかも理解しておかなければいけません。特に火災保険はさまざまな使い方ができるようになっており、特約によって変わってくるのですから、理解しておくことが必要でしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ