排水管の水漏れ対策と予防

排水管の水漏れ対策としては、事前にそうならないようにしておくとともに、解決策も考えておくことが重要です。さまざまな方法がありますが、詰まらせないといったことが水漏れ対策としては重要になってくるでしょう。

■見えない排水管だからこそ

排水管は基本的に見えない場所にあり、管の中も見えないのでわかりません。透明の管を使うわけではありませんので、覗き込むぐらいしかできないでしょう。そうなると、どこでつまってきているのか、水漏れを起こすほどになってきているかもわからない状況になってしまいます。そうならないようにするためには、常に手入れをするという必要性が出てきますが、簡単な方法は洗浄剤を使う方法でしょう。重曹を使った洗浄剤であれば、簡単に手に入りますし、だれでも簡単に対応できるようになります。
ただし、あまり入れすぎると逆効果になってくることもあり、ゆっくりと小量ずつ行っていくことが必要でしょう。回数も必要ですが、ぬるま湯を使って行っていくのが、影響を出さない方法となるでしょう。

■緩みは確認するだけでも

部品が物理的に緩んでいるといった場合、配管の部品を締め直してしまえば止まります。接続しているということは、違った部品をつないでいるのですから、そこには必ず隙間があります。
ナットなどがぐらついているのであれば、締め直してみることが必要ですが、どうしても力任せに締めてしまう人がいます。これはねじ切ってしまうため、適度に締めるというのがポイントになってくるでしょう。破損してしまうと水道 修理費用が高額になる恐れもあります。

■まとめ
予防策と簡単な対策を知っておくだけでも、水漏れを事前に防ぎ、大きな損害を出す前に対応ができるようになるでしょう。緩みといったことの確認もしておくことができるようになれば、対策もできるようになります。もちろん、劣化していれば交換するといったことにもつながりますが、なかなか同じ部品を手に入れるのも難しいため、専門業者に依頼することがポイントです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ